肌あれの一つアトピー性皮膚炎

肌あれの要因、アトピー性皮膚炎の正体とは

アトピーという言葉は最近でもよく耳にします。
ただ、実際にアトピーだと疑われる人でも、「アトピーだと病院で診断された」とか「アトピーでは無いようだけれども、肌がヒリヒリしたりかゆくなったりする」といった症状が分かるだけで、その疾患の説明を出来る人は少ないのではないでしょうか。
アトピーは、正式には「アトピー性皮膚炎」と言います。
主な症状である強いかゆみを伴う皮膚炎(湿疹症状)が、慢性的に良くなったり悪くなったりを繰り返す病気のことを指します。
また皮膚炎の他にも、蕁麻疹やアレルギー性の喘息、鼻炎や花粉症といった症状が次々と出やすくなるのが特徴ですので、皮膚に出るアレルギー症状と考えていいかもしれません。
発症原因も様々で、食べ物、自分の汗、動物の毛、ダニ、ハウスダスト、花粉、細菌やウイルス、洗剤等の化学成分、排気ガスなどの大気環境、その他諸々の異物が発症の原因物質(アレルゲン)となって、アレルギー症状が出てしまいます。
ただ、あなたの肌には皮膚バリア機能があるはずですが、そのバリア機能では、外界からの刺激を防げないのでしょうか?
アトピー性皮膚炎になってしまった場合、あなたの皮膚は荒れて乾燥しており、本来持っているバリア機能が低下しています。
このような皮膚状態は、ちょっとした刺激でもかゆみが出るだけでなく、外から侵入してくる原因物質を防ぐ力も落ちているので、肌の内部も常に原因物質にさらされています。